お仕事マインド日記

言い訳ではなく説明宇宙花2022-06-16 06:00:00

「言い訳」と「説明」を混同している人がいます。

遅刻した理由を「目覚まし時計が鳴らなかったから」というのは言い訳。

言い訳の裏には「誰かのせいにしたい」「仕方がなかったんだ」という責任逃れの意識が隠れているものです。

そうではなく、ちゃんとした理由があるのならそれをきちんと「説明」しなければなりません。

社会心理学に「帰属理論」というものがあります。

たとえば何をやってもうまくいかない人は、できない理由として「会社が悪い」「上司が悪い」「物の性能が悪い」…と自分以外のところに原因を求めます。

そして、自分の努力不足は認めずに、言い訳ばかりしてしまうのです。

どんな仕事にも難しいことはあるものですが、できない理由、面倒な理由を正しく説明することができず、他人や物のせいばかりにしていては、自分の進歩はありません。

以上、宇宙花(コスモ)」でした。

過去のお仕事マインド日記