お仕事マインド日記

すっぱいぶどう効果宇宙花2022-05-26 06:00:00

人間は、くよくよしていると心理的負担が大きくなるものです。

したがって、過ぎたこと、ダメだったこと、失敗したことをいつまでもくよくよしながら過ごすよりも、新しいことに目を向けるほうが精神衛生上よいのです。

イソップ童話に「すっぱいぶどう」というお話があります。

キツネが歩いていると、ぶどう畑が見えてきました。

そこにはたわわに実ったぶどうがなっていて、腹ぺこだったキツネは何とかぶどうを取ろうとしましたが取れません。

キツネは怒りと悔しさで「どうせこのぶどうは、絶対にすっぱくてマズいに違いない。誰が食べてやるものか」と捨て台詞を残して去って行った、というお話です。

これは負け惜しみが強い愚かなキツネの話ではありません。

たとえば失恋した時に「あの人とはご縁がなかったんだね」ときっぱり諦めることが究極のすっぱいブドウ効果の利用法です。

あるいは「このことはうまくいかなかったけど、結果としてラッキーだったかもしれない」という思い出に変えてしまうことが良い方法だという教えなのです。

少なくとも、いつまでも昔のことを思い出して怒りを心に溜めておくことは避けたいもの。

さっさとキツネのように頭を切り替えて次の一歩を踏み出しましょう。

以上、宇宙花(コスモ)」でした。

過去のお仕事マインド日記